こちら、中々更新出来ていないですが、春になり気候も良くなってきて、撮影機会が増えてきています。
わたくしとしましては花粉症がつらい時期ではございますが、花粉にも負けず外で出張撮影をさせていただいております

さて、「永田フォト」では個人のお客様からご依頼を受けることが多いです。
しかも大半のお客様は「初めてカメラマンに撮影してもらう」というお客様です。
そういう方々にホームページを見ていただき、写真に興味を持って頂くことは非常にありがたいですし、この活動をしてきてよかったな、と思います。

先日撮影させていただいた方より、納品後ありがたいメッセージを頂きました。


七五三たくさんステキな写真撮って頂いてありがとうございました
子供達の一瞬の自然な表情を、永田さんにとってもらって、写真で残すことが出来てほんとに良かった!
子供ってほんとに目がキラキラ。
今だけかな、こんな表情みせてくれるの。
私達親も、写真に入れてるの嬉しい、いつも撮ってばかりで。。
ほんと、いいですね〜イベント時にカメラマンさんにお願いするのって。
また機会があれば、お願いしますね。

私が思うのは、写真撮影を依頼して得られるものは、後ほど見れる写真だけでは無いということです。
例えば親御様が写真を撮影されている場合、親御様は本当にそのイベントに参加できていますか?
写真を撮ることに必死になり、お子様のキラキラした表情を楽しむことができていますか?
カメラはどれだけ進化しても人間の目にはとてもかないません。
親御様はしっかり自分の目でお子様の表情を捉えてあげていただきたいと、わたくしは思います。
そのはっきりした記憶を呼び覚ますお手伝いを我々の写真ができればと思います。
感情は写真に残すことは出来ません。
親御様がしっかり楽しみ、しっかりお子様の表情を記憶することにより、我々の写真も生きるものになります。
是非楽しんでください。
我々が少しだけお手伝いをさせていただきます。
七五三

七五三