写真撮影時のポージング

家族写真やフォトウェディングなど、一生の記念になる写真は、一番美しい状態や格好良い姿で撮られたいものです。こちらでは、写真写りを良くするコツでもある写真撮影時のポージングに注目しています。

線を意識する

プロのモデルが使うテクニックに注目してみると、体のラインを意識したポージングが多いことに気がつくのではないでしょうか。例えば、女性らしい美しさを強調するのであれば、全体のラインがS字になるようなポージングが基本です。特に日本女性は京都や奈良など、古都に似合う和風美人の例えとして、柳の葉が用いられるなど柔らかい曲線のイメージが美しいと言われています。

また、最近はスタジオで就職活動に使用する写真を撮影する方も多いです。その際にはまっすぐ姿勢の良い重心の安定したポージングが基本となります。つまり、最も良い状態を写真に残すならば、TPOに合わせて体のラインを意識したポージングが欠かせません。

カメラの位置を確認

大阪や兵庫では街中でモデルのような方を見かけるように、女性は少しでもスタイル良く見えるように撮られたいと考えるものです。フォトウェディング用の写真撮影をする場合、特に注目してほしいのがカメラの位置です。ファッション誌に登場するモデルは、カメラ正面から直立不動で撮影されることは滅多にありません。自分から見て斜め前にあるカメラに向かって少し体をひねるように立つと、体のラインが視覚的に細く見える効果を上手く活用しているのです。

鏡でチェック

こうしたポージングは、テクニックとして身につけると役立つものですが、急にやろうとしても照れが勝ってしまい中々できないものではないでしょうか。また、写真はポージングの程度や角度がほんの少し違うだけでも見え方が全くことなるケースがあります。照れなくベストな姿を残すために、撮影前はスタジオにある鏡の前で写り方をチェックしてみるのもおすすめです。

永田フォトは大阪のフリーカメラマン集団です

永田フォトは大阪を中心に活動するフリーカメラマン集団です。
撮影用途に合わせて適切なカメラマンを派遣させていただきます。
全件個別お見積りになりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


前の記事

写真が伝える商品の魅力

次の記事

出張撮影活用方法