出張撮影がお得な時代になってきました!【理由】

出張撮影がお得な時代になってきました!【理由】

昔は
「写真撮影」
というと、写真館に行って撮影するというのが一般的でした。

確かに昔はそれしか選択肢がなかったのです。

しかし、時代は進み2020年
出張撮影が当たり前になり

プロカメラマンを呼ぶ

ということが一般的になってきました。

ビジネスシーンでしたら、皆さんの「事務所」や「店舗」
個人の方でしたら「神社・お宮」や「自宅」や「パーティー会場」
にプロのカメラマンを気軽に呼べる時代がやってきています。

なぜそのような事が可能になってきたのでしょうか?
理由はいくつかあります。

プロカメラマンを気軽に出張撮影に呼べる理由

様々な理由があるのですが、いくつかピックアップさせていただきます。

1.デジタルカメラの登場

まず大きく変わったのが、「デジタルカメラ」の登場です。

「え? デジタルカメラと出張撮影が関係あるの?」

と思われるかもしれませんが、ここには深い関係があります。
デジタルカメラの誕生によりいくつか出張撮影をしやすくなったポイントがあります。

枚数を気にせず撮影できるようになった

フイルムカメラですとどうしても「枚数の制限」というのがつきまといます。
たくさんフイルムを持って出かけるとそれだけ荷物になりますし、荷物の制限も出てきてしまいます。
このためフイルム時代はスタジオのほうが安心して撮影ができました。

その場で写真を確認出来るため、環境が悪くても写真を失敗しにくくなった

デジタルカメラの最大の利点は「その場で写真が確認出来る」ということです。
これは撮影失敗のリスクをかなりなくすことが出来ます。
いつも使用しているスタジオならカメラの設定を変える必要がないため、リスクが少ないのですが、出張撮影で環境が変わってしまうと1から設定を見直さなければならず、失敗のリスクが高まってしまうのです。
デジタルカメラの登場により、このリスクがなくなりました。

2.照明機材の進化

照明機材の進化も「出張撮影」がしやすくなった大きな要因です。

電源がバッテリー式になった

永田フォトの場合、所持しているほとんどの照明機材を「バッテリー式」に変えました。
以前の照明機材は「電源」が必要でした。
照明機材に電源が必要な場合、出張撮影先での最初の仕事は「電源の確保」でした。

「バッテリー式」の場合は照明機材を組み立てるだけでいいので、どんな場所でもセットを組むことが可能になりました。
場合によっては屋外にでもセットを組むことが出来るのです。

配線の無線化

こちらはものすごくマニアックな話なのですが、以前まで照明機材を光らせるためには各機材を有線のケーブルで接続する必要がありました。
カメラから配線を伸ばしていくため、複数の照明機材が存在すると配線も増えていき、かなり煩雑になってしまいました。

永田フォトではこの配線をすべて「電波式」に変更し、無線化を実現しました。

このため現場で配線にこんがらがることもなくなり、また証明のセッテイング時間を大幅に短縮することが出来るようになりました。

このようなセッテイングが簡単にできるようになったことも「出張撮影」をしやすいポイントとなっています。

まとめ

このように、主に「機材の進化」が出張撮影をより身近なものにしてくれています。
セッティングが簡単ということは、以前に比べると格安にプロカメラマンを呼ぶことが出来るようになったということです。

ホームページの素材撮影の場合はスタジオに出向いて撮影をするよりも、お客様の事務所や店舗におうかがいして撮影する「出張撮影」がおすすめです。
上手に「出張撮影」を活用することによって、企業のブランディングや商品の販促力をアップさせましょう!

 

 

 

永田フォトは大阪のフリーカメラマン集団です

永田フォトは大阪を中心に活動するフリーカメラマン集団です。
撮影用途に合わせて適切なカメラマンを派遣させていただきます。
全件個別お見積りになりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。