2020年企業ならとりあえずでもYouTubeを始めておいたほうが良い理由

正直言って2020年YouTubeを始めても「ちょっと遅い」です…… しかしながら、

  • 企業広告、販売促進として広告媒体に広告を出されている方
  • 求人募集や職人募集として求人媒体に求人を出されている方

こういう方は今、本当に始めておかないと、
「ちょっと遅い」

「遅すぎた」
となってしまいます。

2020年とりあえずでもYouTubeを始めておいたほうが良い理由

  2019年後半からTVで活躍している人が続々とYouTubeに出演するようになってきました。

これにより、今までは

「YouTubeは若者子供がよく見るもの」

というものだったのが

大人がしっかり活用するもの」

に変わってきました。

この変化が顕著に出ている現象があります。
それが

「ビジネス系チャンネルの伸びがすごい!」

本当にここ数ヶ月でビジネス系のチャンネルが増えました。
そして有意義なチャンネルは登録者数もものすごく増えています。
これは、今までYouTubeを見ていなかった「大人」がYouTubeに流入してきた事が大きいと言われています。

そして、YouTubeのポイントは少しでも早く始めておいたほうが良い、という点です。
とりあえずでも始めるのが重要なのです。

理由は……

YouTubeでマーケティングをするメリット

YouTubeを上手に活用して販売促進やマーケティングをすることが出来ます。
既存の広告媒体や求人媒体と比較しても様々なメリットがあります。

実質タダ

今まで広告を「掲載する」のに費用がかかっていたかと思います。
YouTubeは掲載するのには一切お金がかかりません。
ですので、予算を高品質な「広告自体」に割り当てることが出来ます。

一生の資産となる

広告媒体に広告を掲載する場合「掲載期間」というのが必ずあります。
YouTubeの場合UPした動画は基本的に永久に残ります。

シリーズ物の広告を作れる

基本的に動画はずっと残り続けるので、各動画をリンクさせたような広告を作ることが出来ます。
企画やアイデア次第で他社には真似できない広告を打ち出すことが出来ます。

大手企業よりも拡散する広告を出せる可能性がある

基本的に広告媒体や求人媒体というのは「支払った費用」に応じて広告が拡散するようになっています。
このため1番優先的に表示され、たくさんの人の目に止まるのは資金力のある「大手企業」の広告ということになります。

しかしながら、YouTubeには今の所「お金を払って優先的に動画を流す機能」というのがありません。
個人だろうが大手企業だろうが全く同じ条件で動画が表示されるのです。
このため企画やアイデア次第で大手企業にも負けない広告を出すことが出来ます。

なぜ「永田フォト」はYouTubeの動画作成、運用が得意なのか?

実はわたくし永田はYouTubeチャンネルを運用しております。

このようなチャンネル運用の実績、並びにノウハウがあります。 YouTubeで広告を打ち出したい方はぜひご相談ください。

YouTubeチャンネルの運営サポートもさせていただきます。

上記に記載したとおりYouTubeの動画は資産になります。
資産運用と同じで 早く始めた人が強く、後の効果がでかい ものになります。

動画の作成のみならず、YouTubeの使用に最適なサムネイルの作成等もさせていただきます。
「YouTubeはよくわからないけど、広告媒体として使いたい」
「インフルエンサーとして既存のSNSからフィールドをYouTubeに移行したい」
とお考えの方ぜひご相談くださいませ。

永田フォトは大阪のフリーカメラマン集団です

永田フォトは大阪を中心に活動するフリーカメラマン集団です。
撮影用途に合わせて適切なカメラマンを派遣させていただきます。
全件個別お見積りになりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。